[×][●][←][→]戦闘の流れ

ターン制となっていて、戦闘に参加するキャラがそれぞれに決められた行動回数(基本は1回で強いボスは2回以上行動することがある)だけ行動するとそのターンが終わる。
敵か仲間のグループのどちからが全滅した時に戦闘が終わり、敵が全滅したら仲間の勝利で、仲間が全滅したら敵の勝利となる。
仲間が勝利した場合、生きている仲間に経験値が入り、運が良いとアイテムも手に入る。
逆に敵が勝利した場合、持っている宝石がいくつか無くなり(すっぴん以外)、最後にセーブした町(ダンジョンではない)に戻される。

[×][●][←][→]APについて

プレイヤーは仲間の行動を選択する時にAPによって制限をうけることになる。
仲間の行動のほとんどにはAPが決められており、現在のAP(最大5)が不足している行動は選べない。
APはターンごとに1回復する。
「ためる」を選べば、行動しない代わりにさらにAPが1回復する。
エーテル系で回復することもできる。
ちなみに、移動時に白魔法を使ってもAPを消費する。
白魔法使いになれば、白魔法のAP消費が1少なくなる。

[×][●][←][→]行動回数について

基本的に仲間の1ターンあたりの行動回数は1となっている。
強い敵になると、1ターンで2回以上行動してくることがある。
死んでいたり、寝ていたりすると、行動できない。

[×][●][←][→]属性について

火、氷、風、土、光、闇の6種類が存在する。
戦闘の勝敗を大きく左右するのが属性。
敵の攻撃の多くは属性が決められており、それを調べ、それに耐性のある装備をすることで、受けるダメージが大きく減らせることがある。
また、敵には属性に対する強さが決められており、弱点の属性を調べ、その属性を持つ攻撃を行うことで、与えるダメージを大きく増やせることがある。

[×][●][←][→]状態異常について

石化、睡眠、毒、沈黙、混乱、呪い、能力ダウンなど様々な状態異常が存在する。
また即死させるものもある。
状態異常を甘く見ると、戦局が大きく悪化してしまうことがあるので、敵をよくしらべることが大事になる。
逆に敵を状態異常にすることで、戦闘が格段に楽になることもある。

[×][●][←][→]空中について

地面にいる敵にはクエイクが効くが、空中にいる敵にはクエイクが効かない(当たらない)。