001★☆☆☆☆
出題者 シナリオ中
ヒント1 タッチペンは、丸で囲むだけじゃなくて、道をなぞるのにも使える。
どの町でもいいから、道をなぞって他の町とつながらないか、試してみよう。
何度も試してみて、確信が持てたら判定ボタンを押そう。
ヒント2 それぞれの町から、道を逆にたどってみよう。
他の町とつながらない町を簡単に見つけることができる。
ヒント3 どの町とも道がつながっていない町を探せばよい。
逆に言えば、別の町とつながっていれば、その町は正解ではない。
地図を見ると、つながりが、すぐに見つかるよね。
組長のヒント 左上が怪しい。
002★☆☆☆☆
出題者 シナリオ中
ヒント1 まずは、形をよく見てみよう。
軸の部分はどんな形で、そこから出ている突き出し部分は四角か三角か。
次に、それが、どこから出ているか。
ほら、正解が見えてきた。
ヒント2 形を間違えないことのほかに大切なことは、軸を差し込む穴なのだから、逆向きの形になるということ。
そう。
ハンドルの軸を正面から見て、その反対の形を探せばいい。
ヒント3 軸の形は五角形。
軸から出ている突起の形は、四角が2個、三角が1個。
四角の1個は軸の五角形の角の部分、それ以外は辺の部分に突き出ている。
さあ、よく見てみよう。
反転も忘れずに。
組長のヒント 2は角から三角が突き出しているので違うぞ。
003★☆☆☆☆
出題者 リーサ
ヒント1 自分の目を簡単に信じてはいけない。
それで正解になるなら、ナゾにはならないだろう。
人間の目は、縦方向と横方向の長さの見え方に差があるのだ。
ヒント2 Bは、ない。
ヒント3 Dも、ない。
組長のヒント Cも、ない。
004★☆☆☆☆
出題者 シナリオ中
ヒント1 「朝日がのぼる」のは、もちろん東である。
略図では、上が北向きとなっているから、東はどちらの向きだろうか。
ヒント2 朝日が昇るのは東。
この地図で東は右側になる。
男の言葉通りだとすると、最後の四角を曲がったときに右を向いていなくてはならない。
ヒント3 ひとつひとつの家から道筋を調べていては混乱する。
男の言葉を逆向きに調べた方が見つけやすい。
逆からいけば曲がる方向も逆になる。
右側から左向きに進んで、左に曲がり、その次も左に曲がり…。
組長のヒント 男の家は上を向いているということだ。
上を向いている家は1つしかない。
005★☆☆☆☆
出題者 時計@時計台の広場
ヒント1 まず、気をつけてほしいのが、正午と真夜中の十二時を12:00とするのだから、午前と午後の時間表示は同じ。
見つけた時間を二倍にするのを忘れずに。
ヒント2 01:11、02:22…という並びは簡単に見つけられる。
それ以外を、どう見つけるかがミソ。
10:00に気がついていたかな?
ヒント3 12:22も見落としやすい。
そして、11:12。
この後の時間にも気をつけよう。
組長のヒント 06:66というのはない。
つまり、0X:XX(X=1~5)の5個と。
10:00の1個と。
11:1X(X=0~9)の10個と。
12:22の1個の。
17個あるようだ(1~12時台には)。
006★☆☆☆☆
出題者 シナリオ中
ヒント1 最初に、4個と4個で重さを較べていないだろうか?
それで天秤を1回使ってしまうと、残りの1回で、4個のなかから1個を見つけなくてはならない。
これでは無理だとわかるだろう。
ヒント2 別の例として、仮に3個の重りのうち、1個が軽いとしよう。
その1個を見つけるには、どれでもいいから2個の重さを較べればいい。
どちらかが軽ければ、それが正解。
つりあえば、当然、まだ計っていない重りが正解となる。
ヒント3 ヒント2を思い出してほしい。
3個の重りから1個を見つけ出すには、天秤を1回使うだけでよい。
最初の1回で、候補を3個以下にできれば、答えが見えてくる。
組長のヒント こちら
007★☆☆☆☆
出題者 シナリオ中
ヒント1 何度もいかだを動かしていると、いつのまにか、最初と同じ形になってしまう。
どこかで、元に戻す動きをしていることに気をつけよう。
そこで、別の動きをすれば正解に近づくかもしれない。
ヒント2 行きが2匹、帰りが1匹にしなければいけないわけではない。
帰りのいかだに2匹をのせてもいいのである。
最初に狼を3匹とも渡してみよう。
そこから小鳥と入れ替えていけばよいのだが。
ヒント3 2番目のヒントを思い出そう。
最初に狼を3匹とも対岸に渡してしまう。
今度は、狼と小鳥を交換していく。
対岸で小鳥のほうが少なくなるときには、狼と小鳥を一緒に戻せばうまくいくはずだ。
組長のヒント 狼2匹→、狼1匹←、狼2匹→、狼1匹←
鳥2匹→、狼鳥←、鳥2匹→、狼1匹←
008★☆☆☆☆
出題者 中央の花@屋敷の庭
ヒント1 2人で100ドルもらって、それを仕事量で分けるということだ。
ナゾの文章をよく読んで、ハジャとノロの仕事量を考えよう。
仕事量とは、「どれだけの畑に種をまいたのか」だ。
ヒント2 「どれだけの畑に種をまいたのか」が仕事量なのだから、かかった時間は関係ない。
ヒント3 「10アールの畑を半分ずつ担当」したのだ。
2人の仕事量は…。
組長のヒント 二人の仕事量は同じだから賃金も同じである。
009★☆☆☆☆
出題者 シナリオ中
ヒント1 最初の形は、歩いている犬の姿である。
車にひかれたらどうなるのかを考えてみよう。
ヒント2 犬は4本の足で歩く。
歩くのをやめたのだから、足の形が変わっているはずだ。
ヒント3 たぶん、かわいそうな犬は地面の上にのびているだろう。
2本のマッチを動かして、地面にのびている姿を作るとしたら、動かせるマッチは・・・足4本のうち、内側の2本を上に・・・。
組長のヒント 最初の絵は犬を横から見ているが、正解の絵は犬を上から見ている。
ヒント3がそのまま答え。
010★☆☆☆☆
出題者 本棚@ラインフォードの屋敷
ヒント1 漢字の意味は関係ない。
形をよく見てみよう。
ヒント2 漢字を覚えたての頃には、こういう見方をした人も多いのではないだろうか。
だから、このナゾは、子どもの方が簡単に解けるかもしれない。
ヒント3 「かろ」「えか」「いひ」もうわかったかな?
このルールに合わない漢字はどれだろう。
組長のヒント 「加」は「カロ」だ。
「功」は「エカ」だ。
「知」は?

答えについて

レイトンでは答えの掲載を禁止されているので、ヒントを掲載しています。