エネミー/ディスカバリー/アイテム/チャット/性質/特殊能力/デュアライズ/あらすじ/トラベル/レコード/引き継ぎ
番号名前説明採取場所
1[dhis=リンゴの木]ウィンドルに植生する果樹。
果実は様々なものに利用される。
代表的なものはアップルグミ。
リンゴ最初/ラント/外観/
2[dhis=守護風伯]ラント名物の風車。
粉を挽いたりするのに使われている。
民の生活に欠かせない存在。
-最初/ラント/外観/
3[dhis=絵画]ラント家長のアストンと妻のケリー。
そして二人の息子たちを描いた
巨大な絵画。
-最初/ラント/領主邸/
4[dhis=グミの実]グミの原料になる実。
味はせず、モチモチとした食感のみ。
果汁を加えることで性質が変わる不思議な実。
グミの実最初/西ラント道/外観/
5[dhis=煇石の欠片]ラントのそばで見つけた
煇石の欠片。
利用できる原素はほとんど含まない。
-最初/東ラント街道/外観/
6[dhis=癒しの湧き水]清らかで冷たい湧き水が疲れを癒す。
飲み続ければ病気知らずと言われる
地元民だけが知る、裏名物。
-最初/ラントの裏山/外観/
7[dhis=何かの巣跡]卵生動物の巣跡。
羽は見当たらず、熊と思われるような
体毛が散乱している。
-最初/ラントの裏山/崖下/
8[dhis=誓いの木]友情を誓い合った木。
ラントでは昔から、木に名前を刻むことで
変わらない友情が約束されるといわれている。
-最初/ラントの裏山/花畑/
9[dhis=ウィンドル牛]ウィンドルに生息する一般的な牛。
その新鮮なミルクは国中の人々に
好んで飲まれている。
ミルク最初/東ラント街道/外観/
10[dhis=大翠緑石]グローアンディと読む。
「緑なすもの」と名を与えられた大煇石は
ウィンドルに生きる者たちに風の原素を運ぶ。
-最初/バロニア/城方面/
11[dhis=免罪の水]生前行った罪を、死後の世界で赦すと
いわれる、死者の体を清める水。
聖なる力を持っているらしい。
免罪の水最初/バロニア/聖堂/
12[dhis=モリノ花]主に森に植生する花。
薬の原料として使われることが多い。

モリノ花2章/オーレンの森/外観/
13[dhis=茶畑]ウィンドルの清涼な水で育まれた茶畑。
栄養豊富な茶葉は、貴族のみならず
一般市民にも広く愛飲されている。
茶葉2章/北ラント道/外観/
14[dhis=アイスキャンディー]王都バロニアの新たな名物として
注目を集める、新感覚菓子。
アタリ棒が出たら、もう一本!
-2章/バロニア/城方面/
15[dhis=伝説の校長の像]かつて、騎士養成を広く唱えた人物。
近年になって、その行動が認められ
銅像が制作された。
-2章/バロニア/市街地方面/
16[dhis=光霊蟲の棲家]体長の十倍もの光を纏う美しい蟲たちの巣。
蟲たちは水の元素の濃い場所で卵を還す。
自然豊かで人のいないここは蟲たちの理想郷。
-2章/海辺の洞窟/6/
17[dhis=毒海草]幻想的で美しい色を持った海藻。
触れると麻痺針を出す食肉藻。
食べられません。
毒海藻2章/海辺の洞窟/7/
18[dhis=争いの名残り]フェンデル軍のキャンプ跡地。
規模からすると、一個中隊が
使用していたもののようだ。
-2章/北ラント道/外観/
19[dhis=大きな何かの骨]古い魔物の骨。
触るとさらさらと崩れ落ちる。
歴史的価値はないようだ。
-2章/王都地下/内部/図を見る
20[dhis=風船花の綿毛]風船のような花を咲かせる植物。
開花すると根っこごと空へと飛んでいく。
綿毛は枕や毛布として愛用されている。
風船花の綿毛2章/王都地下/内部/図を見る
21[dhis=映像装置]アンマルチアの記録装置と思われるもの。
なぜここにあるのか、何に使うものなのか。
一切が不明。
-2章/ウォールブリッジ地下遺跡/B1F/図を見る
22[dhis=寡黙な石]寡黙に働き続けて死んだ煇石は
二度と原素を吸収することはない。
「死んだ煇石」ともいわれる。
-2章/ウォールブリッジ地下遺跡/B1F/図を見る
23[dhis=ジャガイモ]ウィンドルの豊かな大地に根を張る野菜。
主食の一つ。ご自由にお持ち帰りください。

ジャガイモ2章/グレルサイド街道/外観/
24[dhis=栄光の鐘]街が出来たときに作られた由緒ある鐘。
今も使いつづけられており、
時を知らせる鐘はこの街の名物。
-2章/グレルサイド/外観南/
25[dhis=流れ着いた手紙]グレイル湖で見つけたビン。
中まで水が入り込んでいて
手紙の内容を知るのは難しそうだ。
-2章/グレルサイド/外観北/
26[dhis=ニンジン]ウィンドルの豊かな大地に根を張る野菜。
彩り野菜。ご自由にお持ち帰りください。

ニンジン2章/グレル旧街道/外観/
27[dhis=三百年樽]三百年間、寝かされた樽。
芳醇な香り漂う。
これこそ由緒正しき怪しい樽。
-2章/ウォールブリッジ/最北塔・左・B1/図を見る
28[dhis=名もなき者の墓標]かつて戦死した軍人たちの墓だろうか。
多くの犠牲の上に生かされていることを
決して忘れてはいけない。
-2章/王都地下/内部/図を見る
29[dhis=ふたつの壺]鎖で厳重に封印された緑の壷
もうひとつの赤い壷は割れている。

-2章/バロニア城/隠し通路/図を見る
30[dhis=はじまりの国旗]ウィンドル建国時の旗。
歴史深い色あせた国旗。今は半分だけ残る。

-2章/バロニア城/城内部/図を見る
31[dhis=真実の岩]青味を帯びた岩塩。ご自由に試食ください。
嘘つきが食べると、甘い塩です。

真実の塩-
32[dhis=ストラタサボテン]ストラタ岩石砂漠に群生するサボテン。
合成素材として利用される。

ストラタサボテン-
33[dhis=お硬い本]石化している巨大な魔法の本。
難解な内容で、未だ解読されていない。

千切られたページ-
34[dhis=睡魔球]見るものを眠りに誘う不思議な振り子。
動力なしで、動き続けている。

--
35[dhis=金色の微笑み]黄金で出来た女神像の首部分。
換金すれば、莫大な金額になる。
だが運ぶ手段がない。とても残念。
--
36[dhis=最大最硬単細胞]とある魔物の卵らしい。
強力な酸でも溶けない、丈夫な殻を持ち、
時間と共に生理現象で体外に排出される。
--
37[dhis=デザートバナナ]砂漠でも元気に育つ熟れ頃バナナ。
甘味は、少ないが型崩れしないので料理向き。

バナナ-
38[dhis=大噴水]見た者は幸せになれるという噴水。
それもごく近いタイミングで
思わぬラッキーが訪れるらしい。
--
39[dhis=快適deスノーマン]煇術を応用して作られた人工の雪だるま。
周囲の熱を吸収するらしい。

--
40[dhis=砂人]見ようによっては人に見える岩。
砂漠の目印として重宝されている。

--
41[dhis=古代の残り火]街が廃墟になる以前から延々と
燃え続けている不思議な業火。

-
42[dhis=大蒼海石]デュープルマルと読む。
「深海」と名を与えられた大煇石は
ストラタ国民に限り無い水源を与えた。
--
43[dhis=カラ井戸]底一面に、塩が溜まった砂漠の井戸。
良質な塩が取れることから
商人の間では有名なスポットになった。
真実の塩-
44[dhis=戦士の記録]ライオットピーク歴代チャンピオンの
名前が記されている。訪れる戦士はここに
名を刻むことを夢見る。
--
45[dhis=モモの木]厳しい環境に耐えて育っているモモの木。
少し硬いがとても甘くてジューシー。
この場所以外に種を植えても枯れてしまう。
モモ-
46[dhis=カイガの台本]鮮烈な最後を迎えた作家、カイガ一世。
稀代の天才と言われた作家で、その最後は
壮絶なものだったらしい。
カイガの台本-
47[dhis=氷樹]氷で出来た巨大な樹。
100%、水が凍ったもの。
原素の貯まりやすい場所に出来やすい。
--
48[dhis=キャベツ]雪の下で大きく育った肉厚のキャベツは
フェンデル原産の三大野菜の一つ。
ご自由にお持ち帰りください。
キャベツ-
49[dhis=そこの見えない土管]人が入れそうな土管。
入ったは最後、決して出口にたどり
つけないという噂があったりなかったり。
--
50[dhis=マトリョーシカ風置物]人形の中に、また人形だと……!


--
51[dhis=ダイコン]雪の下でずぶとく育ったダイコンは
フェンデル原産の三大野菜の一つ。
ご自由にお持ち帰りください。
ダイコン-
52[dhis=カボチャ]雪の下でまんまる育ったカボチャは
フェンデル原産の三大野菜の一つ。
ご自由にお持ち帰りください。
カボチャ-
53[dhis=チョコレートの噴水]以前のアンマルチアの長が指示をして
作らせたという珍品。

チョコレート-
54[dhis=ロボットペット]パスカルが作ったらしい、機械仕掛けの動物。
勝手に動きだして困っていると
住民の声がちらほらと上がっている。
--
55[dhis=原素再装填装置]空になった煇石に、人為的に原素を装填する
目的で開発された機械。完成しているなら
世界をひっくり返せるほどの発明……
--
56[dhis=冒涜の手中]人為的に作られた合成魔物。
まだ生きているようだ。

--
57[dhis=氷の巣]壁際で凍った鳥の巣。
凍った卵から生まれるのは
天然記念物の氷鳥。
--
58[dhis=宝の山]廃棄された鉄くずの山。
見る人によっては、それはまるで
宝の山なのかもしれない。
コモンメタル-
59[dhis=虹の氷柱]気温が絶対零度まで達した時に作られる
驚異の自然物。炎を当てても溶けない氷柱。

氷柱-
60[dhis=大紅蓮石]フォルブランニルと読む。
「燃えるもの」と名を与えられた大煇石は
フェンデル国民を救うきっかけとなるのか。
--
61[dhis=氷沈花]すでに絶滅したといわれる花。
奇跡的に、氷漬けとなったことで
絶滅を免れた最後の一本。
--
62[dhis=故郷への想い]故郷へ帰ることが叶わなかった人々が
描いたと思われる、心の叫び。

--
63[dhis=朽ちた機械の墓場]施設を警護、管理していた機械たちの墓場。
原素を失ったり、破損して動けなくなった
機械は自らここに集まり、眠りについた。
レアメタル-
64[dhis=久遠の刻]原素で動いている機械。
何に使われていたのかは、不明。

--
65[dhis=緑の希望]図書館に保存されていた、天然ものの植物。
外に出してしまうと、どうやら
枯れてしまうようだ。
--
66[dhis=大きなオケ]大豆の発酵食品を作っていたと思われるオケ。
足の裏のような匂いがする……
たまに行くと大豆からできた何かが取れる。
--
67[dhis=古ぼけた積み木]古ぼけた積み木。
昔この場所に子供がいたのだろうか……?

--
68[dhis=タルロウX]みんなの人気者、タルロウXズラ~。
いつも水中にいる気がするズラ~。

--
69[dhis=秘密基地]子どもの足跡が残る、秘密基地。
煇石の欠片やくず鉱石が散らばっている。

--
70[dhis=叶わぬ願い]粘土の花のようだが、妙に生々しい。
自然物なのか、人工物なのか
よく分からない。
粘土-
4

× <3 <2 <1 >1 >2 >3