TOP/

文書

武器/防具/素材/消費/鍛冶/貴重品/文書
太字の項目(買値など)をクリックすると並び変える
名前説明
十字斬の口伝書伝説のギルドの副長が考案した多数で樹海の 獣を討つ対魔剣法の一つ。二人が息を合わせ 袈裟斬りを放つための鍛錬法が記された書。
覚悟の勧めかつての大戦争で百万の敵兵に囲まれながら 無事に生き延びた古強者が書き残した日記。 戦場で生き抜く為の技が書き残されている。
戦術書・攻之巻遥か古代、大陸を支配した偉大なる双角王が 晩年に記した兵法書。小部隊での攻撃に特化 した内容で、冒険者の多くが愛読している。
三段突の口伝書伝説のギルドの副長が考案した多数で樹海の 獣を討つ対魔剣法の一つ。三人同時に魔物の 急所を突くための鍛錬法が記された書。
戦術書・防之巻遥か古代、大陸を支配した偉大なる双角王が 晩年に記した兵法書。小部隊での防戦に特化 した内容で、冒険者の多くが愛読している。
武息の修行書海の彼方、スメール山で長きに渡り修行した 武芸者が編み出したという技。呼吸によって 気を操り傷を癒やす術が記載されている。
戦術書・殺之巻遥か古代、大陸を支配した偉大なる双角王が 晩年に記した兵法書。裏の文書とも呼ばれる 斬人の術が記された錬兵のための書物。
護衛術・Ⅰ西方の小国を治めていた偉大で勇敢な女王が 己の衛兵に学ばせたという絶対なる護衛術。 全ての攻撃に対する防御法が記されている。
煉獄の禁書三大賢者の一人と呼ばれた煉獄の錬金術師が 記した禁断の書。触媒と共に音読するだけで 周囲は炎の海と化す恐るべき禁書である。
戦術書・風之巻遥か古代、大陸を支配した偉大なる双角王が 晩年に記した兵法書。部隊を効率よく素早く 動かすための方法が記されている。
氷晶の禁書三大賢者の一人と呼ばれた氷の錬金術師が 記した禁断の書。触媒と共に音読するだけで 周囲に氷霧を呼び凍えさせる禁書である。
護衛術・Ⅱ西方の小国を治めていた偉大で勇敢な女王が 己の衛兵に学ばせたという絶対なる護衛術。 全ての属性に対する防御法が記されている。
外典・創世の黙示録神代の頃に記された異端の黙示録。古代文字の 一つ一つに術式が織り込まれ、使用者の闘気を 媒介に魔を討ち祓う無限の光を放つ。
戦術書・介護之巻遥か古代、大陸を支配した偉大なる双角王が 晩年に記した兵法書。衛生兵を使った部隊の 生存率を上げるための方法が記されている。
万雷の禁書三大賢者の一人と呼ばれた雷鳴の錬金術師が 記した禁断の書。触媒と共に音読するだけで 稲妻を呼び落とす恐るべき禁書である。
護衛術・真西方の小国を治めていた偉大で勇敢な女王が 最後に編み出したという完全なる防御術。 あらゆる攻撃を防ぐ技が記されている。
深淵宇宙理論原書狂気の占星術師が残した書物。写本では削除 された、エーテル臨界突破の方法とそれに 伴う空間爆発に関する項目が記されている。
鉄拳星砕の法星落としの武神と呼ばれた一人の男が残した とされる書物。極限にまで練り上げた闘気を 一点集中で放つ術について記されている。
フォルトゥナの護書運命を司る女神の祝福を受けたという聖なる 書物。記された詩を詠いながら戦う者には 絶対の幸運が約束される。
永劫回帰の思想書古代錬金術の1つの到達点とされる命脈反転 の術について記された書物。物理法則を超越 したその術は破壊の力を創造の力に変える。
生命賛歌の祝詞竜と人とが共に受け継いできた、聖なる 祝詞が記された書物。その祝詞を詠む者に 死すらも超越した力と不屈の誇りを与える。

武器/防具/素材/消費/鍛冶/貴重品/文書
TOP/
作成者:組長/