武器・盾の成長/攻撃の命中率/通常ダメージ/攻撃時の印の効果/HP/満腹度/突風/モンスターの発生/アイテムの入手/パスワード分析
アイテムテーブル
テーブルは1つじゃない
モンスターの落すアイテム
スポンサード リンク

アイテムテーブル

ダンジョンでは様々な方法で、アイテムが手に入る
ダンジョンで手に入るアイテムは、階(ここでは「フロア」と言う)ごとに細かく決まっている

例えば、Aというダンジョンで次のように決まっているとしよう

アイテム 1階 2階 3階
やくそう  5%  10%  0%
おにぎり  5%  0%  0%
ギタン   90%  90%  0%
白紙の巻物 0%  0% 100%

1階ではギタンが落ちていることが多く、白紙の巻物は絶対に手に入らない
2階に行くと、やくそうが出やすくなるが、おにぎりが出なくなる
3階に行くと、白紙の巻物しかおちていない

このように、ダンジョンのフロアごとに手に入るアイテムが細かく決まっている
このような表の事を、「アイテムテーブル」と言うことにしよう

テーブルは1つじゃない

アイテムの手に入れ方を思い出してみよう
1.フロアに落ちているアイテムを拾う
2.主に昼のモンスターを倒して手に入れる(一部の固定を除く)
3.主に夜のモンスターを倒して手に入れる(一部の固定を除く)
4.ぬすっトド系を倒して手に入れる
5.トリコマレルーまたは欲トリコマレルーを倒して手に入れる
6.店で買って手に入れる
7.高級店で買って手に入れる
8.二択屋で成功して手に入れる
9.キラリと光るものを掘って手に入れる
10.変化の壺に何かを入れる

このようにアイテムを手に入れる方法は複数ある
この全てで同じアイテムテーブルが使われているわけではない
例えば、1と2は同じだが、1と8では8の方が珍しいアイテムが手に入る
どの方法でも手にアイテムもあれば、一部の方法でしか手に入らないアイテムもある

◆テーブルの種類は?
1と2 3と6と9 7と8 この3組はそれぞれ同じテーブルを使う
残り4と5と10の3つはそれぞれ別々のテーブルを使う
つまり、全部で6種類以上のテーブルがある

モンスターの落すアイテム

倒すモンスターによって使われるアイテムテーブルが違う
また、アイテムテーブルを使わない場合もある
どうやって手に入るアイテムが決まるかを説明する

アイテムを落とすのか?


倒した時に、モンスターごとに決められた確率で、アイテムを落とすかどうか決める
アイテムを落とす確率は、0・2・4・6・22・31・100の7種類があり、
0%のものはアイテムは落とさない
(ンドゥマ系、マゼルン系、パコレプキン系、など)
100%のものは必ずアイテムを落とす
(ガマラ系、ぬすっトド系、タベラレルー系、ギタンマムル、ゲンナマゲイズ)

何を落とすか決まっているのか?


モンスターによっては、落すアイテムが決まっている場合がある
例えば、ボウヤカート[?]は木の矢[?]を落とす
このようなモンスターの場合、アイテムテーブルを使うことなく、落すアイテムが決まる

どのアイテムテーブルを使うのか?


落すアイテムが決まっていないモンスターはアイテムテーブルから落とすアイテムを決める
モンスターごとに使用するアイテムテーブルが違う
使われるテーブルの種類は以下の4つに分かれる
A.主に昼のモンスター
B.主に夜のモンスター+ひとくいデビル系
C.ぬすっトド系
D.トリコマレルー+欲トリコマレルー

× <3 <2 <1 >1 >2 >3