[BACK][HOME][NEXT]

XMLを読む

XMLファイルの準備

まず、以下の内容を持つテキストファイルを作り、「test.xml」という名前で、phpファイルと同じフォルダに保存しましょう。

<?xml version="1.0"?>
<test>
        <a>1</a>
        <b>2</b>
        <b>3</b>
        <b>
                <C>4</C>
        </b>
        <b>5</b>
</test>

XMLファイルを開く

XMLを開くには次の関数を使います(PHP5)。

simplexml_load_file ( ファイル名 )

XMLの中身を表示する例を挙げます。

<?php
if( $xml = simplexml_load_file( 'test.xml' ) ){
    print_r( $xml );
}
?> 

以下のように表示されます。これにより、XMLの構造を知ることが出来ます。

SimpleXMLElement Object
(
    [a] => 1
    [b] => Array
        (
            [0] => 2
            [1] => 3
            [2] => SimpleXMLElement Object
                (
                    [C] => 4
                )

            [3] => 5
        )

)

XMLファイルの要素にアクセスする

次に、XMLの特定要素にアクセスする例を示します。

<?php
if( $xml = simplexml_load_file( 'test.xml' ) ){
    echo $xml -> a;          //1
    echo $xml -> b[0];       //2
    echo $xml -> b[1];       //3
    echo $xml -> b[2] -> C;  //4
    echo $xml -> b[3];       //5
}
?> 

XMLファイルの要素を書き換える

要素aの値1を6に書き換えてみましょう。

<?php
$file = 'test.xml';
if( $xml = simplexml_load_file( $file ) ){
    $xml -> a = 6;           //aを書き換える
    $xml -> asXML( $file );  //ファイルに書き出す
}
?> 
[BACK][HOME][NEXT]