[BACK][HOME][NEXT]

クラス

クラスの定義

以下のように、classによって定義します。

class クラス名{
  変数と関数の定義;
}

以下は、4科目のテストを扱うクラス。
クラス内で、クラスの変数や関数にアクセスする場合、前に「$this->」をつける。

class Tensu{
        var $kokugo = 0;
        var $sansu  = 0;
        var $rika   = 0;
        var $syakai = 0;

        function input( $ko, $sa, $ri, $sy ){
                $this->kokugo = $ko;
                $this->sansu = $sa;
                $this->rika = $ri;
                $this->syakai = $sy;
        }
        function bunkei_goukei(){
                return $this->kokugo + $this->syakai;
        }
        function rikei_goukei(){
                return $this->sansu + $this->rika;
        }
        function goukei(){
                return $this->bunkei_goukei() + $this->rikei_goukei();
        }
        function heikin(){
                return $this->goukei() / 4;
        }
}

オブジェクトの作成

「$オブジェクト名 = new クラス名()」として、クラスで設計した変数を持つオブジェクトを作る。
オブジェクトは変数の一つであり、いくらでも作れる。

オブジェクトの変数と関数へのアクセス

「$オブジェクト名->変数名」および「$オブジェクト名->関数名(引数)」として、オブジェクトの変数や関数へアクセスする。

<?php
$tensu = new Tensu();
$tensu->input( 30, 70, 90, 10 );  //点数を入力

echo $tensu->kokugo;  //国語の点数30
echo $tensu->bunkei_goukei();  //文系の合計40
echo $tensu->rikei_goukei();  //理系の合計160
echo $tensu->goukei();  //全教科の合計200
echo $tensu->heikin();  //全教科の平均50

class Tensu{
        var $kokugo = 0;
        var $sansu  = 0;
        var $rika   = 0;
        var $syakai = 0;

        function input( $ko, $sa, $ri, $sy ){
                $this->kokugo = $ko;
                $this->sansu = $sa;
                $this->rika = $ri;
                $this->syakai = $sy;
        }
        function bunkei_goukei(){
                return $this->kokugo + $this->syakai;
        }
        function rikei_goukei(){
                return $this->sansu + $this->rika;
        }
        function goukei(){
                return $this->bunkei_goukei() + $this->rikei_goukei();
        }
        function heikin(){
                return $this->goukei() / 4;
        }
}
?>
[BACK][HOME][NEXT]