[BACK][HOME][NEXT]

foreach文

foreach($配列名 as $値){処理}

$配列の各要素の$値を1回ずつ処理していく。

以下は配列の全要素を書き出します。

<?php
$a = Array( 'a', 'b', 'c' );

foreach( $a as $value ){
        echo '値=' . $value . '<br>';
}
?>

for文最後の例をforeach文で書き直してみます。

<?php
$ten = Array(40,80,50,100,10);
$sum = 0;
foreach( $ten as $value ){
        $sum += $value;
}
$avg = $sum / 5;

echo $sum;
echo $avg;
?>

以下はテストの点数$tenのうち、50点以上の科目の数($cnt)を数えています。

<?php
$ten = Array(40,80,50,100,10);
$cnt = 0;
foreach( $ten as $value ){
        if( $value >= 50 ){ $cnt ++; }
}
echo $cnt;
?>

foreach($連想配列名 as $キー => $値){処理}

$連想配列の各要素の$キーと$値を1回ずつ処理していく。

以下は連想配列の全要素を書き出します。

<?php
$a = Array( 'a'=>1, 'b'=>2, 'c'=>3 );

foreach( $a as $key => $value ){
        echo 'キー=' . $key . '、値=' . $value . '<br>';
}
?>
[BACK][HOME][NEXT]