HTMLとは

前のページへ 次のページへ

ここまでの知識で、簡素なWebページが作れるようになりました。
しかし、ここまでの知識では、文章のみのWebページしか作れません。
文章の改行さえ出来ません。

ここからは、文章の改行、他のページへのリンク、画像の貼り付けなどWebページとして最低限の表現と機能が使えるように、HTMLについて学びます。

HTMLとは?

難しく書くと、Webページの各要素の配置と役割を決めるものです。
しかし、今はあまり深く考える必要はありません。
HTMLを使っていきながら少しずつ説明していきます。

これまでに書いていたHTMLを見てみる

これまでWebページを作る時に、次のようなものを必ず書いていました。

<html>
<head>
<title></title>
</head>
<body></body>
</html>

これをよく見てみましょう。
全体が、「<html>〜</html>」で囲まれています。

<html>〜</html>

そして、「<html>〜</html>」の間に「<head>〜</head>」と「<body>〜<body>」で囲まれている部分があります。

<html>
<head>〜<head>
<body>〜</body>
</html>

そして、「<head>〜</head>」の間に「<title>〜</title>」で囲まれている部分があります。

<html>
<head>
<title>〜</title>
<head>
<body>〜</body>
</html>

このように、全体で「<何か>〜</何か>」という構造が組み合わされています。
これがHTMLなのです。

「<html>〜</html>」は、〜がWebページの内容になります。
「<head>〜</head>」は、〜がWebページの内容のうち、Webページの基本的な情報(タイトル、使われている言語など)になります。
「<body>〜<body>」は、〜がWebページの内容のうち、Webページの具体的な中身になります。
「<title>〜</title>」は、〜がWebページの内容のうち、Webページの基本的な情報のうち、Webページのタイトルになります。

このように、HTMLは「ここからここまではこういう意味だ」という書き方をするのです。

「<body>〜<body>」で囲まれた部分は、ブラウザのメインの部分に表示されます。
「<title>〜<title>」で囲まれた部分は、ブラウザの上部のタイトルバーに表示されます。
つまり、囲まれた部分の意味(役割)を決めると同時に、どこに表示されるか(配置)も決まるのです。

このように、HTMLはWebページの各要素(主に文字)の配置と役割を決めるものです。

このページについて

このページの内容は少し分かりにくいかもしれませんが、分からなくても次のページ以降に大きな問題はありません。
分からなくても気にせず次のページに進んでください。

前のページへ 次のページへ