TOP/

ためるの影響

能力成長/物理ダメージ/賢さダメージ/ためるの影響/行動速度/会心率/回避率/属性倍率/状態確率/AI行動と賢さ/レア度/スカウト率

注意

注意/「ため状態」と「ため回数」/「ためる」と「特技」/「ため1~4状態」とダメージ
このデータは、今作のものです。このデータを引用する場合は、このページのURLを書いてください。
int(A)とは、Aの小数点以下を切り捨てたものです (例)int(5.5555555)なら少数部の0.5555555を切り捨てて5となります
PCとは自分または対戦の敵のことです(プレイヤーが育てたモンスター)
NPCとは対戦以外の敵のことです(ゲーム中に敵として出てくるモンスター)

「ため状態」と「ため回数」

注意/「ため状態」と「ため回数」/「ためる」と「特技」/「ため1~4状態」とダメージ
「ためる」を使っていない→「ため0状態」、「ため回数」=0
「ため0状態」で「ためる」を使う→「ため1状態」、「ため回数」=1
「ため1状態」で「ためる」を使う→「ため2状態」、「ため回数」=2
「ため2状態」で「ためる」を使う→「ため3状態」、「ため回数」=3
「ため3状態」で「ためる」を使う→「ため4状態」、「ため回数」=4
※攻撃すると、「ため0状態」、「ため回数」=0に戻る

「ためる」と「特技」

注意/「ため状態」と「ため回数」/「ためる」と「特技」/「ため1~4状態」とダメージ
「ため1~4状態」では、特技攻撃のダメージが増える
しかし、全ての特技攻撃でダメージが増えるわけではない
特技一覧で「ためる」の項目で「○」がついているものだけダメージが増える

「ため1~4状態」とダメージ

注意/「ため状態」と「ため回数」/「ためる」と「特技」/「ため1~4状態」とダメージ
「ため1~4状態」では、特技攻撃のダメージが増える
では、どのくらい増えるのか
それを知るためには、いくつか知らないといけないことがある
 1.「ため状態0」での与えるダメージ=DMGとする
 2.攻撃するのがPCかNPCか
 3.攻撃するモンスターのため回数=CNTとする
 4.攻撃するモンスターのレベル=LVとする
 5.攻撃されるモンスターがメタルボディを持つかどうか
求めるダメージは、まずは項目5に注目し
相手がメタルボディを持たないなら、DMG×ため倍率+ためボーナスとなる
相手がメタルボディを持つなら、DMG×ため倍率となる

ため倍率

「ため倍率」は、項目2(攻め手がPCかNPCか)と項目3(ため回数CNT)から決まる
↓攻め手\CNT→1234
PC1.7357.5
NPC1.52.53.55

ためボーナス

「ためボーナス」は与えるダメージを底上げするものだが、相手がメタルボディなら0になってしまう
相手がメタルボディでないなら、次の計算式で求めることができる
int{(LV÷5+1)×CNT}

能力成長/物理ダメージ/賢さダメージ/ためるの影響/行動速度/会心率/回避率/属性倍率/状態確率/AI行動と賢さ/レア度/スカウト率
TOP/

作成者:組長/