戦闘説明

移動と行動

移動と行動の流れを覚えているか?
まずは、ベースパネルにカーソルを合わせ、○ボタンを押して、出撃させるキャラを選ぶ。
コマンドの『移動』でキャラを移動、コマンドの『攻撃』『特殊』などで敵を攻撃することができるんだ。
攻撃などの行動登録をした後は、△ボタンでメニューを呼び出し、『攻撃開始』か『ターン終了』だ。
「行動登録→△ボタン→攻撃開始」だ。この流れをよく覚えておけよ。
各キャラとも自分の出番で『移動』を1回、『攻撃』『特殊』など、いずれかの行動を1回おこなうことができる。
『そうび』『ステータス』は何度でも使えるが、行動登録後の装備の持ちかえはできない。注意するようにな。
すべての行動が終了したら『ターン終了』で敵の行動に移行する。この繰り返しによって戦闘がおこなわれるわけだ。
ちなみに、敵を全滅させるとマップクリア、出撃キャラ(最大10)が全員戦闘不能になるとゲームオーバーだ。

攻撃方向

戦闘において、攻撃する際の『向き』は重要な要素になってくる。
相手を攻撃するとき、正面より側面、側面より後方からの攻撃が、より効果的にダメージを与えることができる。
敵から攻撃されるときも、側面あるいは後方から攻撃されると大きなダメージを受けてしまう。
また、攻撃の命中率についても正面より側面、側面より後方からの攻撃が命中しやすい。
だからターン終了するときは配置を確認し、味方キャラを有利な向きに変更するんだ。(□ボタン+方向キーで向き変更)
この攻撃時の向きに注意して戦えば、効率良く敵にダメージを与えられるぞ。

反撃について

通常攻撃を受けると反撃することがある。
ステータスのCOUNTERの数値が1のキャラは1回まで反撃可能、2のキャラは2回まで反撃可能だ。
戦闘コマンドの『防御』を使うと防御力が上がる代わりに反撃回数が2回減ってしまう。
攻撃・特殊・防御以外のコマンドについては反撃回数は減らない。
もちろん敵も反撃してくる場合があるからあらかじめ敵の反撃回数をチェックして行動するといいだろう。

パラメータの見方

ステータスで表示されるキャラのパラメータ(能力値)の見方を説明する。
『LV』はキャラのレベルを表し、敵を倒して経験値をためると上がり、各パラメータが上昇する。
『COUNTER』は通常攻撃を受けたときの反撃回数を表す。0の場合は反撃不可能だ。
『MV』は移動力を表す。何マス移動できるかを意味していて、くつを装備すると移動力が上がる。
『JM』はジャンプ力を表す。高い場所への移動に関係し、くつを装備すると上がる。
『TW』は投げる事の出来る最大の距離を表す。
『HP』は体力を表す。0になると戦闘不能になる。魔法・アイテム・病院で回復可能だ。
『SP』は魔力を表す。魔法や特殊技を使用するときに消費する。これもアイテム・病院で回復可能だ。
『ATK』は攻撃力を表す。物理攻撃時に影響し、高ければ高いほど大きなダメージを与えることができる。
『INT』は、かしこさを表す。魔法使用時に影響し、高ければ高いほど大きなダメージを与えることができる。
『DEF』は防御力を表す。敵の物理攻撃を受けるときに影響し、高いほどダメージは少なくなる。
『SPD』は、すばやさを表す。物理攻撃の回避率と『拳』系の武器によるダメージに影響する。
また、SPDが高いキャラを攻撃するとまれに『かすりヒット』と表示されるが、正確に当たらなかったという意味だ。
『HIT』は命中率を表す。物理攻撃の命中率はもちろん、弓・銃での攻撃に大きく影響する。
『RES』は魔法防御を表す。敵の魔法攻撃を受けるときに影響する。高いほどダメージは少なくなる。
また、RESは『ヒール』などの回復魔法の回復量にも影響するんだ。
『EXP』は現在の経験値を表す。敵を倒すと、たまっていくから、ガンガンためていこうぜ。
『NEXT』は次のレベルアップに必要な経験値を表す。
『マナ』は議会を利用するのに必要なエネルギーで、敵を倒すと獲得できる。ざっと、こんなところだ。

状態異常

特殊などの効果でキャラが状態異常を起こすことがある。
状態異常はアイテム『妖精の粉』、魔法『エスポワール』、または病院で回復することができる。
状態異常は『毒』『眠り』『マヒ』『ド忘れ』『堕落』の5種類だ。
毒は回復するまで毎ターンHPが減少する。
眠りは一定時間行動不能になってしまう。(一定ターン後に回復)
マヒは回復するまで移動不可能になり、ド忘れは回復するまで特殊技が使えなくなってしまう。
そして、堕落は経験値が入らなくなる上にステータスが軒並み20%もダウンしてしまう。
これらの状態異常はパラメータの『RES』が高ければ高いほどかかりにくい。
それとは別に状態異常に対する耐性はアイテムの能力で上方修正することができる。(耐眠り屋、耐毒屋など)
たかが状態異常とナメていると、とんでもない目に会う。気をつけろよ。

装備適性

どんな武器や防具も100%能力を発揮できるわけじゃない。
ステータスのウェポンマスタリーの項目を参照すると『装備適性』を確認することができる。
装備適性とはアイテムを使いこなす能力をパーセンテージで示したものだ。
例えばHPを10上げるアイテムの場合、装備適性のHPが100%なら、装備したときにHPが10加算される。
しかし、装備適性のHPが70%だった場合、装備してもHPは7しか上がらないんだ。
逆に、装備適性のHPが120%だった場合、装備したときにHPが12加算される。

アイテムを盗む

コイツはオレの流儀には反するんだが、戦いにおいては有効な技術となる。
敵が装備しているアイテムを盗むには店に売っている『ハンド』系アイテムが必要になる。
ハンド系アイテムは盗み専用で数種類あるんだが、高価なハンドほど成功率が高く、射程距離も長くなる。
戦闘コマンドの『アイテム』でハンド系アイテムを使うと、盗む相手とアイテムが選択できる。
盗みにはキャラのレベルとハンド系アイテムの命中率(HIT)が関係する。
相手よりレベルが高ければ、それだけ盗める確率は高くなるわけだ。
ハンド系アイテムのHITが高い場合も同様に盗める確率が高くなる。
万が一、盗むのに失敗しても、使用したハンド系アイテムは消費されないから安心してチャレンジしてみるといい。
一番いいのは盗賊系の職業のキャラに盗ませることだろうな。
盗みのエキスパートであるやつらは、アイテム以外のものまで盗むこともあるっていう噂だ……。

連携攻撃

連携攻撃は戦闘中、最も多く使われる戦術の一つと言っていいだろう。
敵を攻撃するとき、攻撃キャラの前後左右に味方キャラがいた場合、『連携攻撃』が発動することがある。
連携発動条件は以下の通りだ。・攻撃キャラが敵と隣接している・攻撃キャラに味方キャラが隣接している
隣接さえしていれば、行動終了したキャラも連携に参加してくれる。
ただし、攻撃するキャラが特殊を使用するか、槍・弓・銃を使って1マス以上離れた位置から攻撃した場合、連携は発動しない。
また、味方キャラとの相性により『連携発動率』は変わってくる。
たとえば、師弟関係にあるキャラは連携発動率が高くなる。連携にはキャラ同士の相性が深く関わるということだな。

コンボ

同じ敵に連続して攻撃を決めることを『コンボ』と言う。
連続で同じ敵を攻撃すると画面左下に『COMBO~』というコンボの回数が表示される。
コンボの回数が増えると、相手に与えるダメージも加速度的に大きく膨れ上がっていく。
連携攻撃とコンボを同時に発動させれば、強敵を1ターンで倒すことも夢じゃない。
コンボを発動させたいときは、必ず『連続で同じ敵を攻撃』するように『攻撃』または『特殊』を登録するんだ。
途中で別の敵を攻撃してしまうと、コンボが止まるから注意するようにな。
コンボを決めると、画面右上に表示されているBONUSが通常攻撃よりも上昇しやすくなる。
BONUSというのは各マップクリア時にもらえるボーナス(アイテムやお金)のことだ。
どんなボーナスがもらえるのかは、△ボタンメニューの『ボーナス表』で確認することができるぞ。
コンボをビシビシ決めて、高ランクのボーナスを狙っていこうぜ!

特殊の習得

コマンドの『特殊』を選ぶと、そのキャラの特殊技一覧が表示される。
『特殊』とはSP(魔力)を消費して使用する魔法や技のことだ。
特殊には『武器専用技』『キャラ専用技』『魔法』の3種類がある。

武器専用技

例えば、剣が得意なキャラが剣を装備して戦うと習熟度が上がり、剣専用の特殊技を覚える。
習熟度が高いほど、同系統の武器を装備したとき加算されるパラメータも増加する。
この武器習熟度(武器を使いこなせるレベル)を『ウェポンマスタリー』と呼ぶ。
習熟度は各キャラのステータス、ウェポンマスタリーの項目を参照するといい。
ゲージの左横に記されている数値が、習熟度を表している。
習熟度を上げれば、剣が得意でないキャラでも剣専用の技を覚えることができるが、習熟度を上げるのに時間がかかり、非効率的だ。
また、得意かどうかに関係なく、剣をはずすと剣専用の技は使えなくなる。(再度、剣を装備すれば使える)
最初は得意な武器を装備させて戦うことをオススメするぜ。
得意かどうかはウェポンマスタリーの項目のゲージ右横にあるアルファベットで確認だ。
S、A、B、C、D、Eの6段階のランク分けでSが最高、Eが最低ランクになる。
武器専用技は武器ごとに特徴があるから、詳しいことはホルルト村でパパに聞くといい。

キャラ専用技

キャラ専用技とは各キャラが持つオリジナルの必殺技のことだ。
キャラ専用技はキャラが一定レベルに達すると覚えるものだ。
オレやお前にも当然、専用技がある。どれだけレベルを上げたら覚えるかはわからねぇけどな……。

魔法

魔法は基本的に『魔法使い』『ヒーラー』など専門職のキャラしか覚えない。
魔法使いやヒーラーは一定レベルに達すると、職種ごとに決まった魔法を覚えていく。(例:赤魔法使い→魔法『ファイア』)
専門職以外のキャラでも魔法は覚えられる。詳しい方法は『エクストラゲイン』の項目を参照してくれ。
魔法の効果範囲と距離は、『杖』のウェポンマスタリー(武器習熟度)とその魔法の習熟度を上げることで広がる。
魔法使い系のキャラに杖を装備させるか、他の武器を装備させるかが一つのポイントになるだろうな。
参考までに言っておくと、オレなら杖を装備させるぜ。
魔法は炎(ファイア系)、水(クール系)、風(ウインド系)、星(スター系)の4種類の属性に分類される。
例えば、風-50%の属性を持つキャラにウインド系の魔法をかけると、通常よりも大きなダメージを与えることができる。
反対に、風+50%の属性を持つキャラにウインド系の魔法をかけても通常以下のダメージしか与えられない。
属性はアイテムの能力によって上げることができる。(耐炎屋、耐水屋、耐風屋)
これらの属性は魔法防御時だけでなく、魔法攻撃時にも大きく影響する。
炎+50%のキャラが使用するファイアと炎-50%のキャラが使用するファイアでは明らかに前者の威力が強くなる。
だから魔法使いを育てるときは、キャラの属性に十分注意しろよ。
唯一、星属性の魔法だけは攻撃側や防御側の属性耐性に影響されず、一定のダメージを与えることができる。
それから、魔法以外にも属性を持つ特殊技があることを覚えておくことだ。
魔法以外の属性を持つ特殊技で攻撃する場合、攻撃側の属性は関係ないが、防御側の属性には影響するから注意しろよ。
効率よくダメージを与えるためにもこの属性の仕組みを有効利用していこうぜ。

持ち上げる&投げる

戦闘コマンドの『持ち上げる』と『投げる』は、重要な戦術的要素の一つだ。
持ち上げる&投げるは、人間型キャラの専用コマンドだ。魔物型キャラは使用できない。
『持ち上げる』でキャラを持ち上げ、『投げる』を選んで方向キーで距離と向きを決めれば投げることができる。
このコマンドの使い道をいくつか紹介しよう。
敵との距離が離れていた場合、味方を投げれば距離を縮めることができる。
複数のキャラを順番に持ち上げて投げていけば、より遠くへ移動させることもできるぞ。
遠くにある障害を取り除くときなどには欠かせない要素なので覚えておくといい。(※実は、とても重要だ!!)
また、手ごわい敵を持ち上げてやれば、敵の行動を封じることができる。
反対に、味方を持ち上げて敵の攻撃から避難させることも可能だ。
味方を持ち上げた状態で敵に攻撃する『タワー攻撃』なんてのもある。
他にもアイデア次第で様々な使い道がある。ただし、次のことに注意してくれ。
プリニーとかいう魔物を投げた場合、投げられたやつが爆発するみたいだ。取り扱いには十分な注意がいる。
また、敵キャラを持ち上げたままの状態でターン終了すると、持ち上げているキャラがダメージを受けるから気をつけろ。
投げの距離がキャラごとに違うこと、マップの高低差によっては投げられない場所があることも覚えておくといいだろう。
一度『投げる』を実行すると、そのターンでは『攻撃』『持ち上げる』といった行動ができなくなるのも覚えておく必要がある。
持ち上げる&投げるがクリアのカギになるマップもある。いろいろ試してみようぜ。

ジオエフェクト

マップ上の色パネルを『ジオパネル』という。
そして、マップ上にあるシンボルを『ジオシンボル』と言う。
例えば、攻撃力+50%のジオシンボルが赤パネル上にあった場合、赤パネル上にいるキャラは攻撃力+50%の補正を受ける。
ジオシンボルには邪魔な効果を持つものと有効利用できる効果を持つものがあるが、初心者は邪魔なものを破壊するのが無難だ。
ジオシンボルを破壊すると、ジオパネルの色が変わったり、消滅したりする。
うまく色を変化させて、すべてのジオパネルを消すと、全消滅ボーナスがもらえるぞ。
ちなみにジオパネルの表示は、SELECTボタンでON/OFFできる。

全消滅講座

大切なのは、ひとつひとつ確実にジオシンボルを消していくことだ。
<ステップ1>マップ上にあるジオシンボルをチェックしてみよう。
ここでは『赤変化』『青変化』『緑変化』『消滅』のジオシンボルがあったことにする。
<ステップ2>△ボタンを押した時に画面左上に表示されるジオパネルの一覧を確認してみる。
ここでは『赤』『青』『緑』『黄』の4色があったことにする。
<ステップ3>まずは、ジオシンボルとジオパネルをじっくり見比べてみる。
パネルが赤・青・緑・黄の4色に対し、ジオシンボルは『黄変化』がないだろう?
このように足りない色(この場合は黄色)を中心にして考えるんだ。
<ステップ4>黄パネルに赤変化ジオシンボルを置いて破壊してみよう。
すると、黄パネルは赤パネルに変化する。これで黄パネルの存在を消せたわけだ。
<ステップ5>今度は赤パネルに青変化ジオシンボルを置いて破壊する。
すると、赤パネルは青パネルに変化する。残りは青パネルと緑パネルだけだ。
<ステップ6>青パネルに緑変化ジオシンボルを置いて破壊する。
これですべてのジオパネルが緑パネルに変化した。あと一息だ。
<ステップ7>最後は消滅ジオシンボルを緑パネルに置いて破壊する。
これで、すべてのジオパネルが消え、全消滅ボーナスがもらえるわけだ。

エクストラゲイン

例えば、お前が暗黒議会でキャラを作ると、お前はそのキャラの師匠になる。
お前がファイターを作成した場合、ファイターが『弟子』となり、お前は『師匠』だ。
師は弟子が成長するにつれて、パラメータにボーナスポイントを得る。
連携攻撃のときも、師弟関係にあると相性が良く、連携発動率が高くなる。
また、戦闘マップ上では師が弟子に隣接している限り、弟子が習得している魔法を使うことができるんだ。
使い続けて習熟度をレベル1以上にすれば、その魔法を習得することができる。
この師弟関係を『エクストラゲイン』と呼び、ステータス画面で確認できるぞ。

裏面

裏面とは超絶高難易度マップのことだ。
ハイレベルな戦闘や、見返りを求めるならこの裏面で戦うといいだろう。
ただし、よほど腕に自信がない限りは、できるだけ避けたほうがいい。
裏面への突入条件は様々だ。表面(通常マップ)で特定の条件を満たすことで裏面への道が開ける。
裏面の数は表面(通常マップ)と同じだけある。コイツを探すのも一つの楽しみだ。
一度クリアした裏面は『裏時空の渡し人』に話しかけることで何度でも行けるようになる。
もう一つ、裏面で戦うにあたって重要な要素がある。それは……
【チュートリアル ダーク太陽】裏面の中には『ダーク太陽』というかなり厄介なものが出てくる。
コイツはマップの上空に存在していて、ターン数が経過すると邪魔な効果を発揮しやがるんだ。
ベースパネルを破壊したり、移動コマンドを使えなくしたり、ひどい効果としてはゲームオーバーなんてものまである。
このダーク太陽の効果を受けないためには効果が発動するまでのターン内に敵を全滅させてマップクリアすることだ。
その他に『天に昇る』というコマンドで味方をダーク太陽に打ち上げ破壊するという手段もある。
だが、ダーク太陽の破壊の成否に関わらず、打ち上げられた味方は戦闘不能になることをあらかじめ覚悟しておかなければならない。
一度の打ち上げで破壊できない場合でも、複数の味方を犠牲にすることでダーク太陽のHPを減らし、破壊できる可能性がある。
ダーク太陽の効果と味方の犠牲とを比べて、後悔のない決断をすることだな。
……以上だ。くれぐれも命は大切にな。

魔チェンジ

魔チェンジとは、魔物型キャラが武器に変身し、人型キャラと一緒に戦える秘密兵器だ。
魔チェンジの威力は強力で魔チェンジでしか使えない必殺技もある。
戦闘中に魔物型キャラのコマンド『魔チェンジ』を選べば、変身・合体することができるようになる。
変身する武器は、魔物型キャラの種族によって固定されているから、ステータスでチェックしておいてくれ。
魔チェンジならではの特殊技を使いたいなら魔物型キャラを育てれば、固有の特殊技を習得することができるぜ。
魔チェンジのメリットは次の3点だ。
 ・魔物型キャラの持つ特性を一時的に吸収 ・魔チェンジ時だけの特殊技が使用可能 ・経験値は2体とも取得できる
魔チェンジした武器の能力は魔物型キャラのステータスに依存するから、強いキャラほど強力な武器に変身できるんだ。
デメリットは、魔チェンジには時間制限があり、2ターンしか使えないことと、2体のキャラが1体分になるということだ。
制限時間が過ぎた後、魔チェンジした魔物型キャラは、その戦闘にはもう参加できなくなるから気をつけてくれ。
出撃キャラとしてはカウントされたままになるから、魔チェンジ終了後は通常よりも少ない人数での戦闘になる。
それと、魔チェンジ中に戦闘不能になると、2体とも戦闘不能になるから要注意だ。
これらのデメリットを加味しても、十分使用する威力と魅力が、この魔チェンジにはあると思うぜ。

魔チェンジ2

魔チェンジ2(ツー)とは、魔チェンジ済みのキャラに対して更に魔チェンジをする事だ。
特徴は、魔チェンジ2した魔物型キャラの特性を更に吸収し、驚くことに魔チェンジ技ではなく特殊技が使用可能になる。
経験値はもちろん3体とも取得できる。だが、パワーアップする分、デメリットも大きい。
まず、魔チェンジの制限時間が-1され、制限時間を過ぎると2体ともその戦闘に参加できなくなる。
そして、魔チェンジ2中に戦闘不能になると3体とも戦闘不能になるんだ。
これを使うためには、アイテム界の小部屋にいる『マオ』って名前の改造屋に、魔物型キャラの改造を頼むんだ。覚えておくんだぜ。
大きな力には、時として犠牲を伴うこともある。使うからにはビシッと決めてやろうぜ。

投げレシーブ

魔物型キャラは『持ち上げる』&『投げる』が出来ないが、『投げレシーブ』が使える。
これは、味方の魔物型キャラに向かって投げると、キャッチせずに弾いて、さらに遠くへ飛ばしてくれる便利な技だ。
投げレシーブは行動に含まれないから何度でも使用できるぜ。
うまく魔物型キャラを配置しておけば、たった一度の『投げる』でマップの端から端まで移動することも可能だ。
そして、レシーブされたキャラクターはその回数に応じて攻撃力も上がるというボーナスもあるぜ。
人型も魔物型も飛距離はステータスの『TW』で確認できる。『TW』5なら5マス分まで投げることができるという意味だ。